私にとって、人生はない場合、唯一そうです。

 

私はいつもすべてが最高の配置であると考えられています。

 

大小の生活は、その理由が今日外観になるだろう、私は思う、常に長い歴史を持っています。

 

多分、時には危機が終わった後、私は特定のものになり、特定の決定は後悔を感じる、または和解する:あなたはどのように素敵な時間を計る方法を知っていれば!

 

しかし、彼はこの時間は言っても、私たちは、実際には、時間の知恵と資源を持って、私たちは何ができる可能性が最善の決定を無視してきた、それはそれでした。

 

しかし、その後私たちはしばしば、支配的な雰囲気を忘れる時間での生活を体験する熟考の瞬間に、現行の状況を忘れて、そして私の心は、いくつかの不正とパープレキシティが「ああ、それはどのように愚かだった!」ことは避けられません

 

そのような後悔が、無駄で、貴重ではないが、知っていたが、 - 私たちは実際の状況を見ると、人生は後でを通して長く困難な道のりではありませんが生活や風景の重症度に対応していません。

 

再び生きる、そして、過去に戻って、我々は賢くなり、選択するものを知っていますか?それは言っていません。

 

人生は最初から完璧にすべてを再生する場合、我々脂肪肝治療vはその後、なぜ我々はこれまでに数年後に生きるべき、Hanhenを残さずにミスをし、正しい決断をしないように開始する、と言いましたか?

 

瞬間のために生き、より多くの一時的な変更、人生はそれより面白くないように、複数日の日の知恵を生きますか?昨日の自分の今日より悪いことに、私の意見では、もちろん。

 

人生はリセットできないので、客観的かつ主観的な状況が変化し、我々は再びそれを行うことを決め、またアウトより、多分その後、我々は愚かではないしなければならないでしょう。

 

<タイムマシン>この映画は、人々は過去に戻ることができますが、それはすでに起こったことは変わりません:犯罪者が挑戦、しかし、婚約者や死者に発砲した前卓悅冒牌貨に、まず、方法を見つけるために俳優の婚約者を愛し、ショットは死ぬが、交通事故で死亡していなかった、彼は事故を防止するためのハード、他の俳優で死亡しました。

 

この問題は存在しない "場合"だから、それだけで、そのような、そのような、人生の生活をされています。

 

そして、私はこの人生が最高の人生は、内部および外部の様々な条件にされている必要がありますと信じて、私が持つことができます。

 

作家ジャネット。あなたは偉大な選択をするたびに、彼らは別のに住んでいることをあなたは選択肢があったあきらめるということです:ウィンター(Jenetteウィンター)は、何か非常に興味深い言葉を述べました。

 

そのように行っていない、それはより魅力卓悅Bioderma的と思われます。

 

それは見てより多くの価値があるようで、その場所に行きませんでした。

 

男のいかなる最終的な手はありません、最愛であることがよりそうです。

 

順序はとても仮想からの撤退に来て、「あれば」私たちは別のものを所有していなかったせいか、考えるために専用されるだろう!