あの日はめぞん、王さんは早く春節前に約いい日になっていました。

春和景明、私照例会川沿い歩く。緑の川はずっと伸びて、遠くに伸ばし、あなたの心にも流れてくる。枝の枝は緑の非緑、芽は涙を浮かべて、春に興奮して泣き出した。私は一人で川の小道を歩いて、静かな水面、風は三月の、鳥の鳥は三月ので、空は今年も歴史にあるある1つの三月に属します。

私は歩いて停止、息は平均して、その水児のゆるやか;极目遠観は、水の薄緑、さらに遠く遠くないところの深緑くらいの明るい。

このすべて、この万物の表現に、言葉で泣いて、岸に、私は多く聞く:歴史の相談、現実的な、醜い、美しい;促狭の、重々しい;古い、新しい;叫んで、瀋黙の……

私はずっと好き晨の、かすかなで、毎日早朝出勤して、私はいずれもで足を止めて橋に、近观、眺め眺め、また。水のひらめきと柳の糸の揺れは、あたかも一幅の絵を見て、足りない。私はもう1度だけ撮影して。昨日と今日は今日、春夏秋に撮影して。しかし選択の時はきっと生き生きとした朝になることを選択します。朝の米、靑春の靑春、マッチョの美、大きな力に力がある。私は更に好きで、1人の朝、日光に直面して日光に対して、朝の万物は目覚めて、1匹の葉、1匹の泉、1匹の蝶、1匹の蝶。

私の心も明るいです、頤和園の北の如意の扉の扉のNeo skin lab 黑店扉の扉の扉は、玄関は外国人、彼らの目も亮のです。携帯を持って、1株の木、1枚の石、1つの軒の角。世界は明るく;私に歩い兄弟川、総愛橋も足を止め、曇り空、光を放つ朝も楽しい、鳥の鸣き声も川は静かに流れる……

ある日、住職の弟弟子江西省から来て、私は見ていてそれが襲っ黄袍、春に暖かく、穏やかに存在している;弟弟子顔面鮮やか、私の心は喜び、総覚は数世以前の知人。一緒に食事をするときに、人の善意に注意して、中には仏縁と呼ばれる兄弟子の。私は突然彼と急に疎いになって、私は俗人して、いつも仄か中の兄弟になることができます。あの時は痺れてきましたが、一瞬、ふと感じばつが多く、食卓の光も暗く、私は目もきっと暗くて。

太陽のない空の下を歩いて、日も亮、私も雾霾に見分けるどの昼か夜太陽に隠れて日の向こうにやにやしましょう、笑ってない陽のあたる衆生を感じないその温もりに。

私は頤和園に王さんとよもやま話をしていまし。王さんは頤和園Neo skin lab 黑店の弟子の中の1位の担当者も、撮影が好きで、王さんは12分の敬虔を、私は慎重に見て彼は王さんの目のような味で、これは1位の崇拝者や学生の目つき、この瞳かえって王さんより謙虚、内に秘めた;ソファの柔らかい氾と自然光のような生地の外。私の声が小さくて、忍びないお邪魔しましたその光は、その光が王さんと彼の弟子の顔に、部屋の寒い絞り出される外になりました、私と王さんは私を受け取って見てあの壁の耕織図:耕し土地、振り落とさ蚕赤ちゃんの、クリーンなラインできれい殘念なことに、遺伝石彫刻絵カバーガラスボックスの中で、私は携帯電話で、撮影は私の影、中の刻画しないクリアを撮る。王さんは毎週ここに来抓耳挠腮、彼が撮影できない耕織図が改めて殘念。私は、私の目と記憶は携帯電話を超えて、この耕図は私の心の奥にしっかりと入って、王先生の心の奥の波動を感じることができます。

散相談のとき、王さんは彼の義父といえば、1位は94歳のお書家で金を儲けて、一生知らない書道。昨年病気で座って車椅子、送人書道も自ら捺印する、彼は書Neo skin lab 黑店道の料金は恥。王さんの話には他の味のように感じて、ぼんやりとそのおさんの白髪おじさんと、彼の書道の頑固を彩る、私はぼんやりと古いさんの書道作品氾驚異的な光と魅力的な墨香。

おなかのお茶を飲んで、避けられない王さんの弟子に愛想を一番;二人に行く約束した鳥、房山、次の週末。私も王さんの撮影テクニックで、王さんの。さんの撮影の鳥は私の生まれた最も活気の鳥、それらの花の未練、えさ虫の時の晴れやか、また、真っ赤な柿食うような姿は、童話の童話のようだ。影のような映像には、生きている生命を吐き出す。真実を真実にする光は、レフト、闘いの音を発射する。私の聞いた鳥が、それらの最も真実な気持ちを感じて。

22008は冬の荷葉が無人の世話をする季節を越えて春へ。魚はとても小さく、これらの荷葉たちにキスして、荷葉たちは何を訴えているようですか?残荷忘れた冬の寒い春の中に、魚を共有池の春水。岸辺に1人の退職の老人は早く支える撮影機械、静などの落日の到来して、西の太陽は掛けて、遠い山の輪郭が生れ落ちに向かって、太陽の山頂には遠くの塔、塔の倒影を池に、老人は撮って塔の影。王さんの指導は老人に輝く。