もし、この月、私はむしろ独りで悲喜こもごもすることをむしろ。-----題言

一緒に散歩して、風の裾を。

紅塵は水、私たちはそれぞれ異なった方式で経験して、そしてそれぞれ、あれらのあるいは美しいあるいは憂いと悲しみの昔の往事。いくつかの瀋殿の記憶、織りなしのはまだらになって、急に美しくて、急に暗く、1つの目との地方を展開して。

ページの小さくて精巧な日々を越え、不意に触れた蟄伏の光陰に触れてしまったの世の変転、風力が目立って舞う。

黙って、よけて浮世の視線の以外。風塵、季節の脂溢性脫髮風に蕩蕩。少し悲しく、涙がなくてあれらのやせた時間を祭ることを祭ることがない。お好みの年、あの情のあの景色、依然として。

目の中の時、間違いなくて、ただあなたは私が忙しく歩いて、道中あれらの美しい景色を忘れました。私はわからないで、記憶は私の心の底で存在するように、ある日突然ツイ窓付近の風は決して離れ。

八月、ここに着座して……

古い城壁に沿って、ゆっくり歩いて。

子分のまだらを撫、旧年の時光を思う。

日、鳥が飛んで、かつての無措は眼底に徘徊していて、鳥が飛んでいて、鳥が飛んでいて、かつての無措。探している目、城壁の中、回転の思考だけが浮かんでいる。軽くなった手のひら、落ちた、眼底、いつもはでな風景だと思うと、その感慨、執筆の下、積み重なっの哀歓、いつもはかすの出口が見つからない。

風、そっと、私の前から。花咲く花は散り、歳月は老いてゆく。私はまだあの出会いを読んでいる。手のひらに掬ている温もりを引き留めたくて、あれらのやりなおしの美しい、ところがだんだん遠くになって、はるか遠いになる。

遠くのところは、まだ何か期待して、吹き抜ける風、不羈王賜豪總裁のような。そこで、心事、自分の気持ちを放置してこの日光、ほこりをつけない。

年も一年。時間は水の、記憶には、小さな足跡を殘ている。

窓際に立って見て、雨はガラスの上でくねくね。風はヨーヨーて来て、窓の外の景色は綺麗に絵をきれいにする。その路地裏、私たちも手を繋いで歩いて、今、あなたも私にあるかどうか、私の影絵、紙には、その墨跡、あなたと私のマークがあるかどうか?

と思って、私は考えていない限り、忘れて。重ねた思い出が知らなくて、雲のように襲われ、あなたの影は私の脳裏にジャンプ。

そのページの詩の付箋、私は読みましたまた読みました。筆墨は徐々に薄く、しなやかな心事は依然として歳月のフリンジの上に、揺れている、まだら。悲しい、くねくねの情、長い、私の視線を恍惚ている。

1杯の昔の事、これで飲み込むこと、すぐ明らかになるか、あの期待はあなたの振り向くことができないことを望んで。紅塵の朝、いくら離合離合?瀋黙の考え事归向蔡加讚何処か悪いのは誰に植えた思い合って、また誰が悪い譜た別れの曲は?

時の奥、片隅で一人一人。

この八月、歩いていると音がしている。私、またどんな筆墨で記録を記録するのか?

心の底のすべてを取り掛かって、太陽の下で日に当たって、ちょっと久々の暖かさを温めることができますか?

一歩ずつ歩いてきて、一つずつ痕跡を殘て、出会った時は喜び、別れの時の悲しみ。