Créer mon blog M'identifier

勿忘初心,堅定前行

Le 9 décembre 2016, 08:02 dans Humeurs 0

不要因為走得太遠,而忘記了為什麼出發。

——題記

雖然知道這是一個既定的結局,在它來臨的時候卻也有些措手不及。站在大四這個關口,人生的多種選擇已經初現端倪,彷徨有之,困頓有之,思慮的問題也越來越多。

Offer怎麼選?落腳地在哪里?我要幹什麼?未來的人生,我要成為什麼樣的人?好像這些問題都在一瞬間被擺在了眼前,不得不直面它。很多時候不得不屈從於外力的約束,如何能夠守住自己的心,護衛最初的夢想,是一個艱巨的任務。

通往夢想的那條路,一定不是平坦的大道,如果沒有荊棘的裝點,唾手可得的成功可能也就沒有那樣美麗。也許在努力的道路上會遇到困難讓我們疲憊不堪,也許沿途的如畫風景會讓人心有旁騖,但是從另一個角度來看,這何嘗不是生命給予我們的試煉,大浪淘沙始見金,能夠通過這個試煉的過程,就是我們完成蛻變的時刻。

越是紛亂的時候,越是需要反思,越是迷茫的時刻,越是需要沉澱。每一次對自己心靈的叩問,對自身的認知都會變得愈加深刻。還記得大一剛入學的我們,懷揣著一份純真和夢想,入眼的風景都是生動,入耳的樂章最是動聽,徜徉在音樂的海洋裏,慢慢走向自己的夢想。過了四年,在快要畢業的時候,我仍然會時刻反思自己所堅持的路,是否還是當初選定的樣子?

我們在最初的時候許下的夢想,就是我們所渴求抵達的境界。給予我們積極進取的力量,找對人生的方向,堅定前行。那些迎著清晨第一縷晨光練聲的辛苦,那些深夜裏依然揣摩一個節奏表現手法的專注,還有那些反復練習過無數遍的基本功,就像一粒粒不起眼的塵埃,在流金歲月中慢慢的堆砌出夢想的雛形。

很多時候,我寧可面對一段荊棘遍佈的艱難旅程,也不願意在日後回首往事的時候慨歎唏噓的假設,如果當時更加努力一點,結果會不會不一樣?那只是一個失敗者背棄了初心的悔悟,沒有半分的實際意義。這世上哪一樣成功不是汗水和血淚構築成的豐碑?哪怕是一株小草的破土而出,都需要恒久的奮鬥和堅持。

這一條長長的路,我們獨自跋涉,背上的行囊一日重於一日,但終其一生無法割捨,這就是我們的生而為人的使命。不忘初心,靜心修行,才能到達最終的彼岸。在這種安靜而堅韌的堅持中,純真的更加純淨,激越的更加慷慨,知青春之寶貴,所以不敢枉費半點光陰。在時間的打磨中,青春不曾褪色,而是有了第二重昇華。

四年大學是一場青春大戲,在曲終人散的那一刻,同樣是另一段更漫長的人生征程的起點,希望我們都能帶上這份祝福和勉勵,懷著堅定的心志和毅力出發,勿忘初心,方得始終……

 

消散的幸福

Le 8 décembre 2016, 05:49 dans Humeurs 0

一直聽人說,世界是悲慘的。而我現在卻覺得,世界因生命而認購權證不會顯得太黑暗。雖然會漸漸失去曾經所珍視的東西,但畢竟生命仍然存在。試想,什麼是比生命還重要呢?

 

這世界是精彩的。生命的存在讓一切都妙不可言。

 

因有生命的存在,相愛的戀人坐上幸福的列車,開啟了與昨日迥異的幸福生活。

 

相對於城市中翻江倒海的相思愛戀,鄉間的愛情反而是平湖泛舟戲水。每個人的心中總有一個溫柔、體貼的人。他,也是這樣,初見時,便認定她做自己的女王。

 

那時,她修眉聯娟,含笑靨靨,一顰一蹙盡是溫柔;而那時他不過是個毛頭小子,那樣樸實無華,卻是與人無隙。便是這樣,一溫柔,一無隙,湊到一起便是一段美好的姻緣。初次見面,潔膚乳並未如期那般理想,因為憨厚的他似乎未得到她家人的歡心。但也似乎也並未到不好的底部。或許,這正是好事多磨吧!

 

而他的家人卻是出了名的能言善辯。或許正是這樣,事情才有了些許的轉機。

 

人性總是匪夷所思,總是要等挫折臨身才知道機會的可貴。終於,在親戚們的努力下,再加上他自身的努力,事情正朝著好的方向發展。他有時也想,其實自己並未著多大氣力,便得到心中所想。

 

他們終於步入婚姻的殿堂。他是愛她的,只為一佳人,白首共相隨。他心中默想,此生與之共度,幸甚至哉。他願意心甘情願為她付出一切,只為給她幸福的生活。

 

時光一日接一日過去,生活也是日復一日。幸福的天使也被他們的幸福打動,給他們又送來一個baby,讓原本就幸福的家庭又平添了濃重的色彩。

 

然而,有一天,他接到一個單,是一個老顧客。他跟他的妻說,這是最後一次一起去出單。每次出車,只要她在身邊,他就會覺得很踏實;只要有她在身邊,即使旅程再遠,都不會覺得寂寞,一起說說笑笑,聊遣時光。她也覺得滿足。或許,這便是夫唱婦隨吧。

 

天氣說變就變,忽然就是一片黑雲遮天,轉眼便大雨傾盆。樹木被風雨撩撥,東傾西斜。一道道閃電劃過,頓時雷聲震天。車子躲閃之際,猛地撞上一巨石······

 

一切來得是那樣突然,令人措手不及,從此,再也沒有他的妻的身影。這無疑對他是致命的打擊。更令人痛心的是,他的妻已有了四月的身孕。世界霎時靜止,他眼睜睜看著她的身體一Dream beauty pro 黑店點點地冷去,那感覺是那樣的無助,心如刀絞。

 

上天一定是個善嫉之神,分明給了他幸福卻又立刻轉意抽走。

 

如果當時沒有那樣要求,她還會跟自己一起去嗎?要是當初不一起去,還會發生這種事端嗎?無關的人總要做一些無端的猜想。但這是他所願發生的么?

 

我們看書、看電影,總是期望最後有個美滿的結局。可終究如何,誰能決定呢,會是我們嗎?

 

明日小雪

Le 29 novembre 2016, 07:56 dans Humeurs 0

冬の植物の成長は、毎朝は霧に包まれました。冬の初めの後、寒さがアップクリア。損益の年冬のコレクションはすぐに、過去になって暗い冬を開き、春が急増感じます。大雪に熱心な、広大な世界では、きれいな詩を書きます。冬、長すぎません。省エネで、深いです。春の時間までは、咲きしようとしています。

 

私は深い朱色ヤンを研削、禅ブックマークを選びました。 Yelaは無限の冬を意味し、接地してください。デイリー遊び心の自分の世界行ったり来たりで、私は仏、ガラスのように喜んで心の前で願い事をします。

 

我々は、それが最終的に無感覚になったり、深いだろう、との時間を過ごすためにあります。最後に、人生の包含の欠如を理解するために、我々は健全な精神を探しています。愛し、あまりにもハード、嫌って、だけでなく、楽しみました。世界と各期間の意志対話。私は強迫観念を考え、後で心臓Danru水毎日になった後は。一度私は永遠に考えて、後でスープの手になりました。私は献身ホールドを考えた、と後で暗い自然悲しみの風になったら。しかし、我々はそれが私たちと一緒に滞在することができ、良いか耐え難いであるかどうか、持っていた、とスーザンは清潔な手の映画、誘惑でした。

 

私はいつも冬は暖かい季節だと思います。冬に私たちは勇気づけ冷たい、完全に寒さ、暖かいを感じるだろう。豊富な経験を持っていた人たちは、大切にする方法をよく知っているだろう。冬を通して、彼らは寒さが何であるかを理解するであろう。冬には、唯一の暖かい保つ方法を知っています。

 

人生は季節、冬の規定、最も深遠なスキル。

 

冬には、明るい塗装に適しています。私はそれがどんな言語環境、こする口紅、日が明るくない、この引数に直面する美しいムードから送信することができると信じています。特に冬には、とても暗い、あなたは非常に明るく生きています。

 

雪の季節は、温かいスープの鍋を沸騰させます。モンクは、暖かいつかの間の味を焼きます。あなたは運命はあなたに別の方法を返され、支払います。

 

あなたはまだ人生を訴えている場合、我々はあまりにも多くのことをしなければならない毎日が、それは自分のせいです。自分自身を操作し、あなたが予想外の喜びの多くを得ることができます。愛を受け取るために愛を与える能力は、喜びです。

 

私たち普通の人のために、生活が起こるあまりないです、太陽熊證牛證と月は、いくつかの些細な物事を行う、細かく時間に分割に、点滴の一部です。私が何を行うには、周りのハード人々を治療する意向。

 

テキストが優しく時間は静かに、静かな心で行くが、それでも世界の外、冬の秋。これらの文字は、天使のように、心の中で飛んで。テキストとの愛の始まりから、毒のテキスト。私はいくつかの幸せを書きたかった、悲しい、いくつかの悲しみを書きたかったです。海の言葉で、私は美しい景観象嵌します。ウォーキング書き込み、花火の手キンクロハジロ、手の書き込み浅いです。

 

冬、怠惰たくさん。書き込みせずに数日があります。弟がメッセージを送信し、私たちがすることに合意した:本を書い続け、彼の兄弟を伴うが目撃しました。道路上の書き込み、書きDream beauty pro 好唔好込みを主張。私は多くの目に前進、愛に満ちたこの目は、私は勇敢させ及び先に行ってきました。多分私の言葉は軽微でありますが、文学の心風雲愛が、それは熱意に満ちています。良いか悪いかの記事が書かれたかどうかは、私の内側の独白にラブレターの底部からすべての単語。書き留め、彼はいつも最後に主張しています。

 

シーズン雪、風、雨、雪。

 

冬の休息後、定期的な毎日のルーチンは、成果を所有するための最良の方法です。人生は輝かしい未来を持って開いた本ではない、感傷的な気持ちを持って、優雅な詩と四季のスタイルがあり、意味のある絵があります。私たちは、ページに読み取る必要があります。

 

多くの場合、我々はこの分野で一人で立って、そしておそらくない拍手が鳴っていません。冬の寒さ、私たちは春の熱心な足音です。ハード道路、試練と苦難。

 

あなたとルナの夜話して人になります雪の明Pretty renew 雅蘭日、?その後、周りの友人を扱う私たちは老いたときに、ツリーの下に座って、見知らぬ人に笑顔、そして親密な友人は通行人の奇妙な出入りを見て、言いました。

 

私は雪で明日を聞きました。時間前後に、この太陽の用語のように、何度も何度も、何度も何度も。しかし、最も残念なものを明確に、ブラーは、戻ったことがないこと。冬には、それは、暖かい火を囲んだ、香茶の鍋を沸かすことができます。ウォームアップだけでなく、心を温めます。途中、いくつかの流動性を掛けます。

Voir la suite ≫